「耳付きテーブル」って何?MAI・DO!(マイドゥ)こだわりの無垢材テーブル

Pocket
LINEで送る

突然ですが、「耳付きテーブル」って聞いたことありますか?
今回はMAI・DO!(マイドゥ)で扱っているこだわりの1枚板テーブルについてご紹介します!

スクリーンショット 2020-02-25 15.36.25

「耳」とは、丸太の一番外側の樹皮が付いていたデコボコした部分のこと。

その耳と呼ばれる部分の形を残して制作するテーブル(天板)のことを、「耳付き」と呼びます。

耳の形を活かした天板は、ひとつひとつが自然そのままの形のため、この世に二つと同じものは存在しません。

スクリーンショット 2020-02-25 15.49.42
さらにこちらは「耳付き接ぎ」の例。

「接ぎ」とは、大きな割れなどがある板を取り除いた何枚かの板を接ぎ合わせて製作するテーブル(天板)のことで、両端に耳付きの板を配置し一枚板風に見せたものを「耳付き接ぎ」と呼びます。

マイ・ドゥの耳付き接ぎテーブルは、同じ一本の丸太から材料を採ることで、板ごとの色味の差が少なく板の接ぎ目を目立たなくしているんだそう。

 d0589555

MAI・DO!(マイドゥ)の「耳付きテーブル」について詳しくはこちらからご覧いただけます。

そのほか、MAI・Do!(マイドゥ)では飛騨高山、旭川の無垢の家具を中心にたくさんの家具・インテリアをたくさん扱っています!

MAI・Do!
(マイドゥ)


▶︎営業時間
<平日> 11:00 〜 18:00
<土・日・祝> 10:00 〜 19:00
▶︎定休日 不定休ご来店の際はお手数ですがご確認ください。
▶︎電話番号 072-864-0101
▶︎住所 枚方市長尾家具町1-4-6
▶関連リンク
 枚方家具団地ホームページ
 Facebookページ

(※記事内に掲載している情報は記事作成時点のものです。)

地図ではコチラ ↓

Pocket
LINEで送る